カードローン ばれない

絶対にばれないでお金を借りることってできる?

郵送物なし!電話連絡なし!のカードローンで借りましょう!

 

誰にもバレずにカードローンでキャッシングしたいなら、「郵送物」と「電話連絡」に気をつけましょう。

 

バレないカードローンの選び方を紹介します!

バレないカードローンの選び方
電話連絡なし!

ご希望のメールアドレスや携帯番号に連絡してもらえるのはモチロン、職場への電話連絡なしも可能!

郵送物なし!

実はバレる原因の多くが郵送物です。カードレスだと、保管の心配しなくていいのでより安心して利用できますね。

WEB完結も可能!

WEB完結で、かなりスムーズに借入が可能です!

 

即日借入も可能なおすすめカードローンはこちら!

バレずに借入可能おすすめカードローン

商品
モビット

プロミス

アコム

郵送物

なし
カードレス
WEB完結申込
なし
カードレスもOK
※1
あり
※2

電話
連絡

なし
WEB完結申込
あり
相談可※3
あり

審査
時間

10秒
簡易
審査
最短
30分
最短
30分

即日
融資

最短
即日

※4
最短
1時間
融資

※5
最短
即日

詳細


>>詳細はこちら

プロミス
>>詳細はこちら


>>詳細はこちら

 

※1 口座振替によるご返済・カードなしを選択することで郵送物なし。
※2 WEB申込み後、自動契約機で契約することで郵送物なし可能。
※3 電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。
※4 14:50までの振り込み手続き完了で当日振込可。審査結果により不可の場合有。
※5 平日14時までにWEB契約完了で当日振込

 

 

消費者金融や銀行のカードローンに申し込む人のほとんどは、申し込んだことを家族にばれないように注意するものです。 カードローンを利用すること自体は悪いことではありませんが、日本人は「お金を借りること」に後ろめたさを感じてしまうのかもしれません。 ここでは、家族にばれないようにカードローンの申し込みをするための、3つのポイントについてご紹介します。 カードローンの申込みはインターネットで! カードローンの申込み方法には、  ・インターネット  ・郵送  ・店頭窓口、自動契約機 などがあります。 インターネット申込みをする人がほとんどですが、これは、郵送や店頭窓口、自動契約機で申し込むと、家族に知られてしまう可能性があるからです。 郵送の場合、自宅に送られてきた書類を返送したり、その後、カードが送られますし、自動契約機に長時間いると、周囲に知っている人がいる可能性も高くなります。 カードが自宅に送られる!? カードローンの申し込みをしたら、通常は、「自動契約機」でカードを受け取ります。 自動契約機に行くことで、誰かに見られる可能性がないわけではありませんが、カード発行のための2〜3分だけですので、問題はないと考えられます。 ここで、申し込み後にカードを受け取りに行かない場合は、自宅にカードが郵送されますので、家族にばれないでいることは難しいかもしれません。 申し込み後は、自動契約機でカードを受け取る、と覚えておくといいでしょう。 利用中の注意点について カードローンの利用中にばれてしまうのは、月々の返済を延滞したときです。 返済が遅れてしまい、カード会社から携帯電話にかかってきた電話に出ないでいると、自宅に請求書が送られることがあります。 カードローンを利用している中で、1度や2度は延滞してしまうこともあるかもしれませんが、できれば事前に自分から連絡しておくと安心です。 これらの点に注意すれば、家族にばれずにカードローンを利用できます。 レイクは、新生銀行のカードローン商品です。 消費者に人気がいい理由は、借りる側にたったシステムにあるのです。 まず、初めての申し込みの人に30日間無利息というのは、実に魅力的ではありませんか。 その30日間の間には利息は一切かからないのですから、大変にお得です。 また、申し込んだその日のうちに借り入れることが可能です。レイク利息【利息だけ返済できればいいって本当?】 急いでいて、どうしてもいますぐに現金を手にしたいというときには、レイクのスピーディーな審査はありがたい限りです。 そして、レイクのATMやセブン銀行などの提携ATMでは、手数料が無料ですので、これも助かります。 また、携帯電話を使えば、レイクのカードを持ち歩かなくても、借り入れることができますので、本当に便利です。 実に、使う人への心配りにあふれているではありませんか。 こんなところに、好評の理由が潜んでいるのだと思います。 キャッシング、カードローンのことなら新生銀行カードローンのレイクで決まりです。 レイク審査 「借金の保証人にはなるな!」と言われたことがある人は多いでしょう。保証人には、連帯保証人・単なる保証人・身元保証人などがあります。一番怖いのが、連帯保証人です。 単なる保証人の場合には、「借主が破産したから代わりに支払う」という感じですが、連帯保証人になると、返済が滞っているだけでも請求が来ますよ。そのため、友人とか同僚とかの保証人になるケースは少なくなりましたが、親子間では多いようです。例えば、子がクレジットカードを使いすぎてブラック状態になったしまったばっかりに、親が住宅ローンを組めなくなってしまったケースがあります。 また、会社を辞めて起業したものの、中々軌道に乗らず女に借金の保証人を頼むというケースもあります。金融系やヤクザ系のドラマによく出てくるようなシチュエーションですが、現実にも少なくない話なんですよ。最近増えているのが、親子ローンによる悲劇です。親子ローンは通常連帯保証になりますので、親の借金を子が返さなければならない、子の借金を親が返さなければならない、という訳です。 自分一人だけなら自己破産すれば良いだけの話かもしれません。しかし、保証人を立てたために、身動き取れない状態になることも少なくありません。借金がかえせないからと自己破産する人もいます。しかし、破産法によると、自己破産で破産者が免責されたとしても、その保証人は免責されません。借金が是とになっているのにも関わらず、保証人の責任はなくならないのです。 そのため、保証人は、借金を支払うか自分も自己破産するかなどを考えなければならないのです。少し理不尽な感じがしますが、法律で決まっているので仕方ありません。借金・保証人は、最悪、友人関係・親子親戚関係さえもなくしてしまうリスクがあるのです。 とはいえ、生まれた時からお世話になっている親がお金を借りなければならない状態の時に、保証人を頼まれたら断れないですよね。とはいえ、他人の借金の保証ができるほど金銭的に余裕がある人は少ないものです。一時的にお金を用意するとしたら、キャッシングが一番です。キャッシングなら、比較的審査も厳しくありませんし、審査の期間も短いです。とはいえ、保証人として借金の肩代わりをするために、あなた自身が借金をするのはあまりオススメできません。肩代わりする相手が、本当にお金を返してくれることを信じられる人でない限り、肩代わりしない方が無難ですね。